製品紹介

Products

ハイブリット型の世界初

​Made in Japanの高度分子還元電子振動技術

TERAQOL®︎ 装置

電源:AC85〜AC264V ※一般電源でOK

​電力:約36W ※電気代は1ヶ月約300円/台

​重量:約4kg/台

ボタン_レンタル事業.png

TERAQOL®︎ 装置の特徴

1.エネルギー効率の大幅改善

TERAQOL(製品)は、ボイラーや発電機、溶鉱炉などで使用する液体燃料(ガソリン、アルコール、軽油、灯油、重油)等の送油管に本装置を取り付けることで、燃料の改質を行い、エネルギー効率を大幅に改善します。

2.燃料使用コストの大幅低減

本装置の導入により、燃料を改質することで燃料効率を大幅にUPさせ、燃料使用量をセーブすることが可能になります。

3.地球温暖化防止に貢献

CO2発生の原因となる炭化系燃料の燃焼効率向上や使用量低減効果、排気ガスのクリーン化を促進し、CO2の削減に大きな効果を発揮します。

4.取り付けが簡単

本装置は、コンパクトな上、取り付けは簡単です。メカトロを利用しているので安全性も高く、ユーザーは導入しやすく応用分野が拡大しやすいという利点があります。

効果が期待できる適用分野の例

灯油での装着改質実験結果

※ 炎の温度が装着後に若干高くなったが、これを調整すれば、必要灯油量は更に減るはず

ガソリン自動車での装着改質実験結果

農園(ビニールハウス)での装着改質実験結果

アルミ溶鉱炉(A重油)での装着改質実験結果

ボイラー排気ガスでの成分試験(灯油)

未燃料ガス分と一酸化炭素がこれだけ大きく減った(燃えて二酸化炭素になったにもかかわらず、排出される二酸化炭素は増えなかった。

これは結果的に二酸化炭素の最終的総量の大幅な減少と見てよいだろう。

TERAQOL(装置) 導入実績例

スラッジ、スケール除去特性

多重スクリュー電磁波を利用した物性改質技術(TERAQOL)は、送油管、送水管内壁に付着したスラッジを除去し、または付着を防止する効果が強く認められます。

配管内壁のスラッジやスケールが、電磁的に改質された油や水によって溶融され、運転効率や燃費の改善と燃焼の安定化が期待できます。ただしこの場合、TERAQOL 取付け後、溶融が終わり配管内がきれいになるまで、燃焼効率のデータは上下動を繰り返します。 上下動を繰り返しながらデータは向上していきますが、場合によっては装着当初のデータが悪くなる場合もあります。これはスラッジやスケールが排出されている事によるものです。

■メンテナンス・コストを削減

TERAQOL には、上記の通り配管内清浄効果があります。これにより配管内およびバーナー部の清掃コスト削減に 大きく寄与します。また、工場等の操業を停止することなく、TERAQOL の設置機器運転中に常時清掃をしている ことになるため、操業停止などによる経済的な損失を回避できることも大きなメリットです。

ボタン_レンタル事業.png

TERAQOL は、燃焼効率・燃費の向上に効果を発揮するだけでなく、燃焼が大きく安定化することにより、 機器の耐久性向上にも効果を発揮します。

■運転効率・燃費の削減と同時に、機器の耐久性にも寄与

配管内に新たなスラッジやスケールが付着する事を防止します。

■配管内に付着物がない場合

■すでに配管内に付着物がある場合

Copyright © 2019 TERAQOL All rights Reserved.