産業においての

​TERAQOLの実用化

個体のTERAQOL化における新たな市場開拓への応用

■電池・LED・携帯電話のTERAQOL化など

電池のTERAQOL化では確実に寿命が延びます。電池本体に二次的な力を与え、電池そのものの電圧、経年変化(待機時間)に大きな変化を与えることが可能性です。

LEDのTERAQOL化ではマイナスイオンの発生率が上がるだけではなく波長の変化とマイナスイオン化における人の脳波試験でα波が通常環境より多く検出されています。またLED経年変化に効果的な変化が出るのではとも例外ではなく毎秒/点滅回数や発光色、経年変化、マイナスイオン発生率の上昇、発熱量など様々な作用に期待できます。

​携帯電話のディスプレイ防護フィルムのTERAQOL化だけでも待機時間延長の効果が出ています。

■ラジエーター・クーラントへの応用

1000分の1以上の添加により、自動車の環境改善に大きな変化を齎す作用が確認されています。燃費削減、レスポンス向上、エンジン温度の上昇の軽減、排ガス、NOX,SOX,CO等の大きな変化をおこす事が期待できます。(大手自動車メーカーでの試験データあり)

■エマルジョンへの応用

油と水の分子構造体に影響を与え、改質する事によって、エマルジョン化を可能にします。化粧品、燃料改質等多くの用途が期待されます。

■スポーツ系

スポーツウェアーの繊維素材の固有体振動数増幅作用により、本来ある機能(吸収、発散、エネルギー量の蓄積(ヒートテックなど))の機能性を更に増幅させる作用があります。例、ゴルフクラブ、ドライバーへのTERAQOL加工後、反発係数は範囲内であるにも関わらず、ボールのスピン率が下がり、飛距離が2割以上伸びている、という報告が某メーカーからもあります。応用:競泳水着電子ウェアー繊維質に加工する事により、繊維素材の電子活性作用を高め、水の抵抗の軽減に繋がる事が期待できます。

■寝具等への効果

寝具:マイナスイオンの増加、アルファー波、シーター波の増加により睡眠に好影響を与えると考えられます。

冬は遠赤外線領域の高度分子還元振動で身体の芯から暖まり、夏は汗や水分の常温蒸散を活発にし、気化熱を奪うことにより皮膚温度を下げる効果があります。また、汚れが着きにくく、落ちやすいだけでなく、乾燥が早くなる利点もあります。

眼鏡:眼鏡素材(プラスティック、金属性等の)の固有体振動数を増幅する事により、視神経(眼精疲労、神経伝達細胞)に好影響を与える事が考えられます。

■ネックレス、ブレスレッド、マウスピース等への効果

体内の深部に届き、その「クラスター効果」により身体活動を潜在的なレベルに近づけ、高度分子還元振動は人体の生体波動(細胞振動)領域のため「共振作用」により身体のバランスを整えると言われております。人体の脳波含め、良好な影響を引き出す作用があります。

■野菜・果実・魚介・肉類への効果

寝具:マイナスイオンの増加、アルファー波、シーター波の増加により睡眠に好影響を与えると考えられます。

冬は遠赤外線領域の高度分子還元振動で身体の芯から暖まり、夏は汗や水分の常温蒸散を活発にし、気化熱を奪うことにより皮膚温度を下げる効果があります。また、汚れが着きにくく、落ちやすいだけでなく、乾燥が早くなる利点もあります。

眼鏡:眼鏡素材(プラスティック、金属性等の)の固有体振動数を増幅する事により、視神経(眼精疲労、神経伝達細胞)に好影響を与える事が考えられます。

■美容・医療・サプリメント・育毛への応用

サプリメント:サプリメントの中の物質(例 抗酸化剤など、アスコルビン酸などの中の吸収剤)がTERAQOL加工により、浸透作用、電動作用、運搬作用が増幅される事が期待されます。(腸菅粘膜細胞からの吸収が上がる)

コスメ:肌への浸透力が格段にアップします。使用感の向上。
細胞修復、皮膚再生効果が期待されます。オイルなどへのTERAQOL加工処理は優れた体感と効果を発揮します。

■住環境への効果

外部からの伝導熱は外部へ、内部からの伝導熱は内部へ放射されます。すなわち熱の移動を防ぐことが出来、また水分の常温蒸散を活発にし、ガラスに付着する結露を防ぎます。空気中の水蒸気の水素結合を分離し、水素イオンと電子を空気中に放出することで、マイナスイオンをふんだんに含む空気になることで、消臭や減菌効果が期待されます。冷房装置運転時は、無動力で冷房効率を高め。暖房装置運転時は、室熱吸収率効率を高めることにより、無動力で暖房効率を高めます。分電盤から放射されるTERAQOL波でノイズを調整し、電気の流れを円滑にすることにより、節電に繋がるとともに、電磁波が大きく軽減します。また強い抗酸化力により、室内のチリホコリも軽減されます。

■分電盤への応用

電気の特性であるリップルノイズの低減が最大の特徴で、力率に変化を出す作用があります。分電盤を高度分子還元電子振動処理をすることで、分電盤から放射されるTERAQOL波でノイズを調整し、電気の流れを円滑にすることにより、節電に繋がるとともに、電磁波が大きく軽減します。電磁波には体に悪影響を与えるものと、良い影響を与えるものがあり、悪影響を与える電磁波を改質する事が可能で、特に電界に良好な変化を生み出し、さらに建物、室内全体のマイナスイオン量を増加させる事が可能です。外部からの伝導熱は外部へ、内部からの伝導熱は内部へ放射されます。すなわち熱の移動を防ぐことが出来、また水分の常温蒸散を活発にし、ガラスに付着する結露を防ぎます。空気中の水蒸気の水素結合を分離し、水素イオンと電子を空気中に放出することで、マイナスイオンをふんだんに含む空気になることで、消臭や減菌効果が期待されます。冷房装置運転時は、無動力で冷房効率を高め。暖房装置運転時は、室熱吸収率効率を高めることにより、無動力で暖房効率を高めます。また強い抗酸化力により、室内のチリホコリも軽減されます。

Copyright © 2019 TERAQOL All rights Reserved.