ボイラー

燃費削減の​実用性

ボイラー設備(A重油、C重油、軽油、灯油、ガス)の取り付け併用で燃費削減が可能になります、日本では設置個所がもっとも多く150箇所近くになります。

当社システム設置後、排ガス測定器にて検査し直近~1時間ほどで燃料微粒子化の影響による改善点が発生します。燃料の流量調整が自動ではないボイラーは燃料ノズルの絞りこみ変更がCO排出濃度により出ます。

またボイラー温度の低下率と温度上昇に変化が出バーニング回数が減り、そればかりかボイラー内や配管等のスラッジや煤が排出され、装着後からスラッジ、煤がほとんど付着しない環境が仕上がります。

燃費削減だけではなく設備の環境改善や清掃ランニングコスト、ボイラー設備の経年変化、CO2削減含む、目で視える化での提案が可能になります。

【装置】
 
水・ボイラー・加温機・キルン等の配管に取り付ける事により、水・燃料の改質及び燃料消費量を減らす事ができます。
工場内のボイラーや加温機に装着し燃料の改質する装置です。 改質した燃料に合わせてボイラー等の機器を調整する事によって燃料消費量を減らす事ができます。

Copyright © 2019 TERAQOL All rights Reserved.